活動


2016,06,28, Tuesday 岸田文雄外務大臣in高松


先日、岸田外務大臣が、参議院選挙・礒崎仁彦候補の応援に来高されました。
礒崎事務所での「難聴者の会」の皆様への挨拶では、、国連に難聴の方々への支援機関があり、その幹部に日本人が採用され、今後の支援策を細かく説明されたのを聞かせて戴き、1年交替ではなく、3年半、外務大臣を務められている外務大臣としての奥深さ、実力を感じました。
そんなわけで、岸田大臣は、「安定した政権基盤」の大切さを訴えられていましたが、私は、第2次安倍晋三政権は発足して3年半が経ちましたが、GDPが28兆円増え、506兆円(2016年度見込み)となったり、有効求人倍率が0.83から1.34になり、全都道府県が1.0を超えたり、何よりも税収が21兆円増えるなど、アベノミクスは成果をあげていると思います。アベノミクスが失敗というなら、達成時期目標と数値を明記した具体的政策提言すべきと考えます。
香川県議会議員として、ドイツの鉄血宰相「ビスマルク」の『政治とは可能性の芸術である』を肝に銘じ頑張らせて戴きます。

2016,06,22, Wednesday ホタルライブin塩江・奥の湯温泉


先日、塩江・奥の湯温泉にて「ホタルライブ」が開催されました。
写真は、四国賑わいネットワークの川畑省三社長(前東交バス社長)と高松市丸亀町商店街再開発でご尽力戴いている古川理事長です。
古川理事長のギターもすごかったですが、ハーモニカを駆使して歌う、私の中学時代の同級生・川畑省三社長もすごかったです。
今年は、ホタルのエサが少なく、例年よりホタルは少ないそうですが、それでも、飛び交うホタルに接し、心の安らぎを感じると共に、川畑社長、古川理事長の見事なギターやハーモニカ・歌を聞かせて戴き、彼らがいい仕事をされる、そのエネルギーと共に、素晴らしい、音楽を通じた心の癒しがあるんだなあと感じた「ホタル・ライブ」でした。

2016,06,22, Wednesday 国道11号線・ことでん八栗新道駅前右折レーン設置に向けて


先日、高松市牟礼コミュニティーセンターにて、国土交通省四国地方整備局香川河川国道事務所宮本所長をお迎えして、「国道11号線ことでん八栗新道駅前・右折レーン設置」の説明会が開催され、右折レーン設置に向け、進み出しました。
国道11号線は、私が牟礼小学校高学年時に、ことでん志度線八栗新道駅と原駅付近の志度線を海側に線路を移設して、JR高徳線と琴電志度線の間に国道11号を建設した経緯があります。そのような経緯から、国道とJR高徳線、ことでん志度線の間にゆとりがなく、事故が少なからず発生しました。しかし、今回、右折レーン設置に向けた説明会・意見交換会が開催され、構想が進み出したことは、牟礼地域を通る国道11号の安全性と利便性が向上することになり、利用する県民にとっては一日も早い完成が期待されます。


2016,06,14, Tuesday あじストーンフェスティバル2016


  先日、サンメッセ香川にて、あじストーンフェスティバル2016が開催されました。
 まず最初に感じたことは、墓石や石あかりなど、昨年までと比べ、デザインが進化していることでした。アフリカ産の石を使った墓石、写真にあるような仏像や花瓶などなど、東京ビッグサイトでのinteriorlifestyle展2016に出展されていたAji Projektの作品・商品や日傘や器など、デザイン力に彷彿される作品・商品を見た後だっただけに、今年のあじストーンフェアは、今までのストーンフェアとは違うと感じると共に、出品作品・商品に出会った方々に購買意欲を感じさせる提案がなされていました。
 購買意欲を実感させるデザインの商品があり、その商品を知って戴き、最後、購入したくなる価格設定が重要だと感じたフェアでした。

2016,06,07, Tuesday interiorlifestyle TOKYO


 先日、東京ビッグサイトで開催されたい「インテリア ライフ スタイル展」に行きました。私の地元・牟礼町からは”AJI PROJECT”が出展し他のブースと共に多くの来場者で賑っていました。
 日々、世界で進化している、多くの商品のデザインに接し、全ての商品において、お客様に感動を与える、景観でいえば、「息をのむほど美しい…」という言葉が枕詞にくる景観、このような枕詞がくるデザインを考案し、商品化し、顧客満足・納得を戴ける価格設定をし、多くの方々に、このような商品があることを知って戴ければ、全ての業界において、市場が縮小している日本においても、まだまだビジネスの可能性はある、と思い感じた「インテリア ライフ スタイル展」でした。
 Aji Projectにおいても、石は固く、加工に手間がかかると言え、それ故に、他からの参入が少なく希少性がありますので、デザインが優れ、ニーズに合った商品の考案・開発、価格設定次第では、まだまだ可能性を秘めていると思いました。
 いずれにしても、デザイン力、情報発信力、継続力が大切であると学ばせて戴いた、東京ビッグサイトでのintiorlifestyle TOKYOでした。