活動


2018,12,31, Monday 2018年・高木英一の思い出…


2018年は日本列島が災害列島になったのではないかとすら思われる年でした.。
大阪北部地震、西日本豪雨、北海道地震などです。取分け西日本豪雨では、3日間で降った雨は約550億トンですた。琵琶湖の総貯水量が約280億トンですから、3日間で琵琶湖の約2倍の雨が降ったことになります。「想定外」という言葉が最近使われますが、「想定外」に備えた対策が、避難計画も含め必要を増していると思います。
この時知ったのが、1929年の世界大恐慌時にアメリカ合衆国は雇用対策としてフーバーダムを1931年から5年の歳月をかけて完成させました。その総貯水量は何と約400億トンです。今ある日本の総ダム数は約2500で、その総貯水量は約250億トンです。この事実を知り、日本は1941年、よくもまあ、こんな大国と戦争したものだと思うと共に、平和の大切さも学ばせて戴きました。
平和や経済成長にとり重要なのは教育です。平成の初め頃、アメリカで学ぶ日本人は約18000にんでした。その時、中国もほぼ同数でした。2018年、アメリカで学ぶ日本人は約17000人で1000人減っていますが、中国は何と36万人で、その内の約40%が理科系で、卒業すると多くは中国へ帰ってその学びを生かす仕事に就くそうです。ファーウエイをアメリカが警戒するのも、この現実を知ると当然だと思いました。
「想定外」に備えるにも、「教育」を充実させるにも基礎基本は「経済」すなわち「稼ぐ力」だと思います。しっかりと2018年を総括し2019年はEBPMに基ずく政策を立案し、PDCAサイクルにより実行しふるさと香川の発展・成長の出発の年にするよう頑張らせて戴きます。新年もよろしくお願い致しますと共に、ご意見・ご提言等よろしくお願い致します。

2018,12,24, Monday 『きよしこの夜』:Silent night…


「きよしこの夜」は、「聖しこの夜」、「清しこの夜」でもありますが、今日から200年前の1818年12月25日、オーストリアのオーベルンドルフの聖ニコラウス教会で初演奏されました。
「Silent night」は作詞:ヨゼフ・モール、作曲:フランツ・グルーバーで、日本では、1909(明治42)年に由木康により「讃美歌第2編」として作詞され広まりました。1961年から1988年まで、小学校6年生の音楽の教科書に載っていました。

2018,12,16, Sunday オンリーワン幼稚舎&心育保育園クリスマス発表会in横須賀市


今年も横須賀市のオンリーワン幼稚舎&心育保育園のクリスマス発表会(ファンタジックパーティー)に出席させて戴きました。
論語の朗誦、English・日本の心を海外へなど、様々な発表に感動しました。まず毎回感心するのは子供達の記憶力です。すらすら朗誦する論語やEnglish:June:The early bird catches the worm.(早起きは三文の徳)、July:.The eyes are the windows to the soul.(目は心の窓)、December:Never Never Never NeverGive up!七つの約束。子供達の記憶力の素晴らしさに感動すると共に、幼児養育の大切さを毎回、学ばせて戴きます。
オンリーワン幼稚舎&心育保育園の園長先生は志道不二子先生で、先生は「おとぎ話が教えてくれる幸せの法則」を含めていろんな本も出版さtれています。子供達が歌う「夢をあきらめないで」1、あきらめないで 苦しいことがあっても 乗り越えるのさ 見守ってくれるだけでいい 強くなりたいだけさ…。「ありがとうの唄」1、ありがとうの種をまいたら 少しずつ芽が出てきたよ 照れくさそうに恥ずかしそうに…など、作詞作曲され、子供たちが歌う姿にまたまた感動です。
子供達の着ている衣装は全て先生方の手作りとのこと、園長先生と先生方と子供達とお父さんお母さん家族の方々が一体となった素晴らしい感動の発表会でした。
香川県の幼児教育に活かすよう頑張らせて戴きます。

2018,12,14, Friday MICE誘致の推進:一般質問


香川県議会の一般質問似て私は「MICE誘致」について質問させて戴きました。
新香川県立体育館・アリーナが基本設計に入った今、大切なことはアリーナの利用頻度を上げ、香川県&県都高松の発展に寄与させることだ、と私は常々考えています。新県立体育館・アリーナのデザインは素晴らしく、サンポートのみならず、高松市の、ふるさと香川のランドマーク・シンボルになる、又しなければならないと思います。シンボルタワーの国際会議場やサンポートホールから、新県立体育館・アリーナ越しに見える瀬戸の島々、瀬戸内海の景観は世界のどこにもない素晴らしい景観だと理解しています。それ故に2023年の完成に向け、今から国内はもとより海外へも積極的に売り込むべきと考えており、今議会で一般質問させて戴きました。
戴いた答弁は、「香川らしい魅力ある特別な場所、いわゆるユニークベニューの掘り起こしなど、誘致ツールの充実に取り組んでいる…知名度ある芸能人や商品とのコラボレーションをはじめ、様々な方法で、積極的に話題づくりに取り組んで参りたい」等の答弁を戴きました。
人口減少をカバーするのは「交流人口を増やす」ことです。ふるさと香川のより一層の発展の為、全力投球させて戴きます。

2018,12,11, Tuesday メルヘンのお城in八栗保育所


先日、牟礼町の八栗保育所の発表会に出席させて戴きました。
写真は「メルヘンのお城」と「0歳児1歳児」の遊戯です。私は平成15年以来16回目となりましたが、取り分け「メルヘンのお城」は素晴らしく、いつ観ても感動です。先日の新聞に、30年後、20〜30代の女性が土庄町で70.7%、東かがわ市で65.5%、小豆島町で64.9%減少する、という記事がありました。その後、調べますと高松市でも約40%の減少予測とのことでした。しかし、この予測は何も手立てをしなかったら、の予測だと私は考えます。人口減少を乗り越えるのは入込客増を図ること、と言われています。
私は高松市出身の香川県議会議員として、明日12日、午前11時過ぎより、入込客を図る政策提言等を本会議にて一般質問させて戴きます。
『未来の子供達に負担をかけない社会を継承する』ために全力投球させて戴きます。ご意見・ご提言等ご遠慮なくお申し付け下さい!!