活動


2019,02,25, Monday 千島から検証する北方領土問題


昨日、表記の演題で岩手県立大学の黒岩幸子教授を講師に「創生かがわフォーラム」が開催されました。
千島列島は1855年・日露通商条約で、択捉島と得撫島の間に国境線が引かれた。1869年、千島国(国後島、択捉島)と根室国(歯舞、色丹)が誕生した。1875年、樺太千島交換条約で、千島全島が日本領になった。1884年、千島アイヌの色丹強制移住、翌年に色丹の千島編入。1905年、ポーツマス条約で、南樺太が日本領に。北千島?北洋漁業の拠点&出稼ぎ島に。中千島?ほぼ無人、若干の養キツネ業、海獣保護の為立ち入り禁止。南千島(北方4島)?零細漁民の定住、根室漁業圏。
千島/クリルに対する日露の見解 日本?中立条約を破ったソ連が北方領土を不法占拠。北方領土は日本固有の領土。ロシア?ソ連軍による南サハリン・クリルの解放。南サハリン・クリルは第二次世界大戦の結果、合法的にソ連に移行。
もっともっと戦中、戦後間もなくの日ソ平和条約交渉時のいきさつなどありますが、現時点では、北方領土の日本への返還は難しいと思いました。

2019,02,18, Monday 岸田文雄自民党政調会長の講演


香川の生んだ偉大な宰相”大平正芳”元総理が第3代会長を務めた宏池会の現会長で自由民主党政調会長の岸田文雄先生の講演会が開催されました。
間もなく平成に続く新しい時代が始まる。これからの時代はAI、Lot、ITなど科学技術が時代をリードする。
2019年,今年はG20やラグビーワールドカップが日本で開催されるなど、大変重要な年になる。だからこそ、しっかりと政治、経済を安定させなければならない。経済においては米中対立、イギリスのEU離脱などなど懸念材料もあるが安定させなければない。とりわけ今年10月には消費税が8%から10%に上げられる予定ですが、これを乗り切りしっかりと経済を安定させなければならない。
そして、全世代型社会保障など、これからの少子高齢化を乗り切る課題を解決すると共に、未来に対してしっかりとインフラ投資もしなければbならない。削るだけでは道は開けない。国民の皆様に負担するところはしっかりと説明責任を果たして負担をお願いしなければならない。
その為にも、安定したしっかりとした政治が必要である。大変勉強になる講演会でした。県政に活かすよう最善を尽くさせて戴きます。

2019,02,12, Tuesday 歴史を正しく伝える:台湾の素晴らしさ!


前回、台湾の2.28事件を取り上げさせて戴きました。
私は約10年位前、台湾へ行き、台湾の総統府を見学に行きました。台湾総統府は旧総統府(日本統治時代)です。韓国は日本の統治時代の総統府は撤去しましたが、台湾は総統府として活用しています。総統府へ行き台湾の素晴らしさを感じたのは、総統府の1階に「台湾2.28事件」を詳しく説明するコーナーがありました。国の「負」の歴史も詳しく国民に展示している場面に接し感動しました。
日本も見習わなければならない、と深く思いました。このことが平和と友好につながると思ったからです。
香川県議会議員として、台湾の素晴らしさを県政に、香川の教育に活かすよう頑張らせて戴きます。

2019,02,05, Tuesday 台湾の素晴らしさ:忘れてはならない2.28事件


1947年2月28日、台北市で闇タバコを打っていた40歳の主婦を中華民国の官憲が摘発した。女性は土下座して許しを懇願したものの、大陸から来た官憲は女性を殴打し商品や所持金を没収した。
日本の台湾撤収後、大陸から来た国民党に不満を持っていた台湾人が台湾全土で立ち上がった。国民党政府は機銃掃射等を行い1万8000人〜2万8000人の台湾人が犠牲になった。
台湾の素晴らしさは、私が10年前に訪問し台湾総統府に行った時、その1階にその詳細な史実を展示してあったことです。国家の負の歴史を正しく、それも総統府の1階に展示し、台湾国民に正しく伝えていることに、台湾の素晴らしさを感じました。