活動


2019,03,31, Sunday 高松市大工町磨屋町市街地再開発組合が設立!


高松市の市街地再開発組合が設立されました。
高松市の丸亀町ドーム&丸亀町グリーンエリアの再開発は全国的な成功事例です。全国一のアーケード街の復活&賑わいの復活は県都高松の活性化に大いに寄与していると思います。今回の大工町磨屋町
市街地再開発が完成した暁には、中心市街地に人が復活し、賑わいがより一層復活すると思います。
私が考えている「高松東部エリアの魅力最大化」は、白砂青松の瀬戸内海の景観を活かし、秘めたる魅力を創出することにあります。今、香川県議会選挙での私の街頭演説でも訴えていますが、必ず実現し、高松東部エリア&東讃エリアを活性させようと考えています。



2019,03,26, Tuesday 『ありがとう』で締めくくった修了式in牟礼保育所


写真は修了生全員が自分の「ありがとう」の似顔絵を描き、お父さんお母さん、おうちの方に感謝の言葉を述べて修了式を終えた素晴らしい牟礼保育所の修了式です。
昨年、日本全国で生まれた赤ちゃんは約92万人余でした。戦後の団塊世代、昭和24年には全国で約270万人誕生しましたから、その約1/3です。このような時代には全ての人がいつまでもいつまでも健康でいることが大切です。それと共に、日本の未来を支える子供たちの教育が重要であると思います。
日本本来の良さ、「童謡の斉唱」や「読書の習慣化」、「誇れる日本の歴史」などなど、今、真剣に教育に取り組まなければならないと思います。香川県議会議員として、しっかりと学びまた調査研究し、政策提言して参らせて戴きます。
ご意見・ご提言など何なりとお申し付け下さい!!

2019,03,24, Sunday 断トツの文化・芸術力の大切さin直島


先日、久しぶりに直島へ行きました。
まず、高松港発直島行きのフェリーは朝の始発と言うこともあって、私の乗用車はやっとのことで乗れました。一般乗客は外国人観光客と若い女性が多く、直島は瀬戸内国際芸術祭が始まる1か月半以上前ですが、多くの来訪者であふれていました。
『断トツのアート(文化・芸術)の力で香川を日本一住みたいまちに』と言う香川県が掲げる標語どおりの直島の賑わいでした。「人口減少をカバーするのは入込客増を図ること」と言われて久しい中、直島の成功事例は大いにこの言葉の正しさも理解できました。
私は昨年来、『高松東部エリア&東讃エリアの魅力最大化』に取組んでいますが、直島の賑わいに接し、この取組みをより積極的に進めなければならないと強く心に誓いました。


2019,03,24, Sunday これからの農業:大型トラクターの威力!


先日、牟礼町で巨大トラクターに出会いました。一つは製造50年経ったアメリカ製のトラクターで今でも故障一つしないそうです。また、緑の巨大トラクターは、田植えの代掻きですと、1反約7分で出来るそうです。私が我が家の水田で使うトラクターは1反約1時間見ています。
私は約15年前、北海道千歳空港近くの農場を視察させて戴きました。その水田は1枚が約3ヘクタールありました(我が家の圃場整備済みの水田は1枚約1反です)。人口減少時代の農業は、正に人手不足をカバーする大型機械化農業だと、牟礼町内で大型機械化農業を既に実践されている方と久しぶりにお会いさせて戴き、実感しました。その為の前提は大型機械が導入可能な圃場整備と大型農機の導入だと思います。
香川県議会議員として、現実を直視しつつ、その必要性を理解戴けるよう頑張らせて戴きます。

2019,03,17, Sunday 中・高一貫校の威力in高松北中・高等学校


先日、香川県立高松北中学校の卒業式に出席させて戴きました。
写真は、全国大会に出場するクラブの垂れ幕です。余りの多さに驚きました。「頑張っているな」と思いました。私は香川県議会議員として「バカロレア教育」を提言しています。昨年6月、札幌市立開成中等教育学校を視察研修させて戴きました。生徒一人一人がipadを持ち、「探求型」の学習や英語で授業するバカロレア教育に取組んでいました。
私は戦後の団塊世代で、全国で約270万に生まれましたが、昨年生まれた赤ちゃんは92万人余です。私の世代の約1/3です。将来を予測した時、大切なことはその時代を支え担う「人」を育てておくことだと考えます。高松北中・高等学校の全国大会出場の垂れ幕の多さに接し、より中・高一貫教育を進化させるべきと強く思いました。「時代ニーズと将来予測」に基ずく教育を実施すべき、その為には指導者と施設環境を早急に整えなければならないと思います。
香川県議会議員として、全力投球させて戴きます。