活動


2019,04,16, Tuesday 祝大西高松市長当選!!


高松市長に大西秀人市長が無投票で4回目の当選をされました。心よりお祝い申し上げます。
「戦わずして勝つ、これ最高の勝利なり」。20数年前、ある著名経済人が無投票当選されたお祝いの挨拶で述べられた言葉です。平成15年の牟礼町長選挙から平成19年の高松市議会議員選挙まで、4年間で4回選挙した私には、正に最高&最強の勝利だと思います。取分け首長戦況においてはそう思います。
『クリエイティブ・コア 瀬戸内創造拠点都市・高松 さらなる進化を!』。大西市長が選挙事務所に掲げられていたこの言葉に接し、正に瀬戸の都”高松”にとり目指すべき都市像を簡潔かつ明瞭に示した言葉だと思います。
私も県都”高松”出身の香川県議会議員として高松市引いては香川県発展の為に一所懸命がんばらせて戴きます。

2019,04,12, Friday 牟礼中学校・牟礼南小学校の入学式に出席して…


10日牟礼中学校、11日牟礼南小学校の入学式に出席させて戴きました。
牟礼中学校の新入生は130人で、30年前後前の約半分です。牟礼中学校では以前から読書に力を入れていますが、今も毎朝20分の読書時間を設けているとの事、素晴らしい伝統だと思いました。また牟礼南小学校では「早寝・早起き・朝ごはん」、「読書」「交通安全」の大切さを校長先生が新一年生へのお祝いの言葉でお話されました。
「早寝・早起き・朝ごはん」は子供の成長にとり基礎基本です。そして「読書」については、今、「ゲーム障害」防止に取り組まなければなりませんが、私は読書習慣を付けることにより、ゲーム時間を減らさなければならない、と考えています。そして県道への歩道設置など、児童生徒を始め地域の方々の安全度の向上と健康づくりをしやすい環境の充実に私は取組んでいます。牟礼中学校と牟礼南小学校の入学式に出席させて戴き、未来を担う児童・生徒のより一層の健全な成長と地域の安全度の向上に取り組まなければならない、と強く思いました。

2019,04,07, Sunday 地域の『宝』を活かす!!


写真は私の選挙事務所&歯アート美術館(志度湾&瀬戸の海)からの景観と旧屋島ケーブルです。
独力で瀬戸の景観を活かして下さっている「歯アート美術館」の和田会長様にはただただ感謝感謝です。残念なのは廃線となった屋島ケーブルを活かしきれていないことです。私は高松市東部エリア出身の香川県議会議員として「高松東部エリアの魅力最大化」に取組んでいます。白砂青松の瀬戸内海は武士道で有名な新渡戸稲造が『瀬戸内海は正に世界の宝石なり!(Jewel in the inlandsea!)』と言いました。写真のように私たちのふるさとには磨けばまだまだ光り輝く「宝」が多く眠っています。今を生きる私達は、未来の子供達に負担をかけない社会を継承するためにも、この「宝」二磨きをかけ、将来世代に継承する責務があると私は考えています。
ご意見ご提言など何なりとお申し付け下さい!


2019,04,01, Monday 『令和』の時代…


明治維新から太平洋戦争突入迄74年、太平洋戦争終結から『令和』が始まる時代まで74年が経ちました。
明治維新を成功に導いたのは、江戸時代の寺子屋教育にあった。この教育のおかげで明治維新が始まった時、日本人の識字率は60%を優に超えていた。このことが明治維新を成功に導いた。日本は日露戦争後、「負」の事実を省みることなく前へ前へと突き進んだ結果、太平洋戦争に突入し、結果約310万人の老若男女の命を失った。
太平洋戦争後、1980年代には「Japan as No-1」と言われるまでの経済成長を成し得たのは、日本人の学習意欲と読書習慣にあった。その後「失われた20年」を経て今日に至り、「結愛事件」など多くの幼児・児童が犠牲になる事件が多発しているのは、読書習慣など良い習慣を失い、ネット&ゲーム依存に陥った結果ではないかと思われます。
『平成』の時代から『令和』の時代へと移ろうとしている今こそ、新しい『令和』の時代をどのような時代にしなければならないか、今を生きる私達は真剣に考えなければならないと思います。「読書習慣」の児童・生徒への習慣づけも含め、高木英一は香川県議会議員として、真剣に学び・検討し、EBPMの手法で政策立案し、提言し、『令和』の時代に歩むべき道を確かなものとすべき、全力投球させて戴きます。