活動


2020,02,29, Saturday 『CLTのより一層の普及推進について』環境建設委員会質問


昨日の環境建設委員会で私は『CLTのより一層の普及推進』を取り上げました。
昨年12月、私は香川県議会林業活性化議員連盟の一員として神戸市の兵庫県林業会館を視察研修させて戴きました。この建物は5階建ての「CLT+鉄骨ハイブリッド構造」で、外回りを鉄骨構造とし、ガラスで全面を囲い、空気層を作ることにより、断熱性能を高めると共に、間仕切り等に多くのCLT を採用していました。
CLTは「クロス・ラミネイティッド・ティンバー、直交集成板」で、構造躯体として建物を支えると共に、断熱性や遮炎性、遮熱性、遮音性など複合的な効果があります。1995年頃よりオーストリアを中心に発展し、スイス、イタリア、イギリス、アメリカ、オーストラリア等の国々で利用が急速に進んでいます。
日本の林業従事者は昭和55年頃の約15万人から、いまでは1/3迄減少していますが、CLTが普及すると共に、木質バイオマスがより一層普及すれば、林業が稼ぐ力を持ち、活性化し、日本の環境問題に大いに貢献できると思います。
お詫び:2月25日のコロナウイルスの記事は、その後、信憑性に課題があると思い削除させて戴きました。

2020,02,17, Monday 『ワクワクをデザインする』ー都市地域政策と社会資本マネジメント…


三井不動産の寄付講座「都市地域政策と社会資本マネジメント」に出席させて戴きました。
今回で最終となる寄付講座のテーマは「ワクワクをデザインする」で、第1講座は「能動性のデザインー喫茶ランドリー」でした。
「ワクワクはデザインできるか」⇒「ひと」「まち」「日常」が良くなればいい。⇒「世界平和」。現在927万人の東京、江戸時代は110万人だった。その江戸時代の東京、グランドレベルは人がいることで、生き生きとした生気を宿す。だから1階のデザイン、賑わい創出には重要。自分の目線にあるもの、公園、道・歩道、1F店舗、水辺などグランドレベルはパブリックトプライベートの交差点である。デンマークのオーフス市は町の中に人々が集い、楽しめる環境整備&町づくりをしている。人の姿が見える町づくりに成功している。
第2講は「巻き込みのデザイン〜ミズベリンク・プロジェクト」でした。
水辺の利用は、「ダメダメ」から「使えるかも」に。4つしたこと、●MIZUBERING〜シンボルマーク作った。●ご当地ミズベリンク会議の開催を応援 ●毎年7月7日、「水辺で乾杯」を全国一斉で開催●水辺の未来を模索すべく、社会実験を実施。成功事例は(1)大阪・北浜テラス (2)新潟信濃川・やすらぎ堤 (3)秩父・ジオグラフィックパーク (4)大阪大正区京セラドーム・大正リバービリッジで、「試してやってみる精神が重要で、水辺の魅力アップは、地域の課題解決の為の手段である。「水辺」をそのエリアの魅力を作るきっかけにすべき。「時代」は「つくる」から「つかう」へ⇒『とびっきり居心地の良い場所 Grand Good Place』づくり&創造が大切と学ばせて戴きました。


2020,02,13, Thursday 第22期自治政策セミナーin東京


先日、自治政策セミナーに出席しました。
日本の将来●若者を吸収しながら老いてゆく東京圏と支え手を失う地方圏●標準的な人生設計の消滅による教育・雇用の機能不全●スポンジ化する都市と朽ち果てるインフラ 。このような時代の到来を迎えるに当たり大切な事は、★自治体が2040年の姿を自らの意志で戦略的につくっていく。★住民にとって実感できる選択肢を示す。★制度や組織、市域の垣根を超えて資源(施設や人材)を賢く戦略的に活用する。★個々の市・町・村がフルセット主義を廃し、圏域単位で、あるいは圏域を超えた都市・地方の自治体間で有機的に連携する。が重要である。
連携については■自治体間連携と■地域内連携をすべきである。
また自治体(行政)は、人口減少と高齢化を迎えるに当たり、「公」「供」「私」相互間の協力関係(役割分担=自助・自立)を構築する『プラットフォーム・ビルダー』への転換が求められている。
宿題を殆どしなかった「令和の30年間」から、新しい令和の時代に入り、今、報告させて戴いた課題をEBPMによる政策立案とPDCAサイクルによる実行が重要であると学ばせて戴きました。

2020,02,06, Thursday オンリーワン幼稚舎・心育保育園の発表会in横須賀


楽しみにしていた「オンリーワン幼稚舎&心育保育園の発表会が2月1日に開催されました。
子供たちの記憶力の素晴らしさには毎回感心させられます。英語の朗誦では11月は「One For Oll!All For One!」でした。「一人はみんなの為に!みんなは一人の為に!」,昨年、日本でラグビーワールドカップが開催されましたが、この言葉はラグビーから生まれた言葉だと理解しています。大変いい言葉です。世の中が、このような言葉あふれる社会になったら、平和で、ゴミのポイ捨てもない、お互いの思いやりあふれる素晴らしい社会になると思います。
オンリーワン幼稚舎は定期購読している「月刊致知」で知りました。朝の論語朗誦や教育学者森信三の教えの実践などなど、素晴らしい幼児教育が実施されています。その様なことから、今回で5回目の参加ですが、毎回、子供たちは新鮮な学びを私に提供してくれます。
この学びを香川の幼児教育に活かせるよう頑張らせて戴きます。

2020,02,03, Monday 環境省 八木哲也政務官と屋島北嶺&理系人材について…


八木哲也先生は中央大学の先輩で、石破派水月会が発行されている書物で知り、先日、初めて面談させて戴き、屋島北嶺の遊歩道整備についてお願いさせて戴くと共に、先生が力を入れておられる理系人材の育成について意見交換させて戴きました。
屋島北嶺の遊歩道は狭い所では2メートルしかなく、利便性と安全性向上のために、可能な限りの遊歩道整備をお願いしました。
また今、日本は理系人材に力を入れなければならない時期に来ています。1995年頃の日本は、アメリカへの留学生数が約2万人で世界一でした。2018年の中国のアメリカへの留学生数は日本は減少したものの、当時日本と同じくらいだった中国は約36万人で、その内、約40%が理系人材です。八木哲也先生は理系人材の育成と高専に力を入れるべきと主張されており、今後の取組み等について意見交換させて戴きました。
今後とも屋島北嶺の環境整備と理系人材の育成に一所懸命がんばらせて戴きます。