活動


2020,07,23, Thursday 『危機の経済学』&『コロナ後の経済』:伊藤元重先生


新型コロナウイルスが拡散する前の今年2月11日、元東京大学教授の伊藤元重先生の『危機の経済学』と言う記事が日経新聞に掲載されました。私は牟礼町長時代、時間があれば総務省、国土交通省主催のセミナーに参加していました。伊藤先生は受けたセミナーの講師で当時政府委員をされており、経済の実情が良く理解できました。
2月11日の内容は、現実の経済を振り返れば1997/8年の日本&アジアの金融危機、2009年のリーマンショックと約10年に一度、危機に陥っている。日本の10年物国債の流通利回りは1990年6.5%、2000年1.7%、2010年1.3%、現在は0%を下回っている。仮に公債の金利が2%b上昇すれば、GDP比4%(消費税8%に相当)増える。GDP比2.37倍の公的債務残高がある日本が経済が安定しているのは、金利が歴史的に低水準にあるという条件が前提である。
7月12日の「コロナ後の経済」では、ウイルスを抑えながら経済をどう守っていくか、コロナ問題終結後、経済がどう変化しているかが今の議論である。今回の財政・金融政策の対応は「経済危機に直面しているので、なりふり構わず」であり、リーマン・ショック時を超える。株価や債券価格は回復しているが、実体経済は惨憺たる状況である。この根底には「低金利」「低インフレ」「低成長」の3低と呼ばれる現象がある。今後、グローバル経済の舵取りと財政と金融を混乱させないことが重要である。
松下幸之助は、干ばつなどの時に活きるダムに例えて、有事に備え、人材や資産に余裕を持った経営に努める「ダム経営」を唱えましたが、今回の新形コロナウイルスは「自助」「自立」の大切さを伝えようとしているではないか、と思います。

2020,07,15, Wednesday 種雄牛の精液転売:知的財産権は重要です…


今月12日の宮崎日日新聞に、「種雄牛精液を県外に転売 授精師2人、県要領反し40本」 県が所有する種雄牛の精液が入ったストロー約40本を、2016〜2018年に県内の家畜人口授精師2人が県外に流出させていたことが11日、県への取材で分かった。県有種雄牛の精液譲渡などに関する県の要領では、精液は県内で使うことを条件としているが、計7道県の授精師に転売したとみられる。要領に罰則規定はなく、県はこの2人を含む4人が不正に精液を譲渡したとして家畜改良増殖法に基づき業務停止処分とした、と言う記事がありました。
日本の和牛の品質・美味しさが一気に上がると思われます。
日本は「日本の知的財産」をもっと大切にすべきです。◎『イチゴ』イチゴ栽培のノウハウが韓国に流出して東南アジアでは韓国産の日式イチゴが出回っています。『電磁鋼板』20年位前に新日鉄・現日本製鉄から韓国のポスコ上級電磁鋼板(高性能のモータ、高性能のトランスに必要)の製造ノウハウが流出、そしてポスコは複数の中国の製鉄会社にそのノウハウを転売しました。その後、中国は国産の高性能モータ、高性能トランスを生産できるようになり、日本はお少なからずのビジネスを失いました。
中国に比べ理系人材が減っている中、日本は知的財産を守りかつ活かし、理系人材の育成に力を入れるべきだと思います。

2020,07,13, Monday 本県における理系・技術系人材の育成について


30年前、世界に占める日本のGDPは16%で世界第2位でした。今、日本のGDP順位は第3位で、占める比率は約6%です。時価総額の世界トップ30社を見ても、30年前には日本企業が21社入っていましたが、現在はゼロです。2年に一度開催される技能オリンピック、2001年から2015年まで、日本は金メダル獲得数で一度4位になったものの、常にベスト3に入っていました。異変が起きたのは2017年で、金メダル獲得順位は1位中国15個、2位スイス、3位韓国8個に対し、日本は3個で9位に、前回のロシア大会では1位中国16個、2位ロシア、3位韓国7個に対し、日本は金メダル2個でさらに順位を下げました。
 また、アメリカへの留学生数を見ても、1994年から1997年まで、日本は約4万人で国別で世界第1位でしたが、2011年以降、2万人割れが続いています。片や中国は1997年頃からアメリカへの留学が始まりましたが、今は何と約36万人の意欲ある若者が留学し、その内STEM、Sience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)が約40%とのことです。
 6月議会一般質問でこの問題を取り上げました。教育長からの答弁は、昨年度、「科学の甲子園ジュニア大会」で県の選抜チー^ムが第3位に入賞したり、ロボット競技大会に出場した生徒の中には、その後、工業科の教員になり後進の指導に当たっている等、本県の実績、今の取組みについて説明があった後、今後共、優秀な教員を確保し、理数教育の充実に努めるとの積極的答弁を戴きました。

2020,07,08, Wednesday 高木英一の一般質問…明日11:15頃よりです。


高木英一は今、令和2年6月議会において、次の5項目について一般質問させて戴きます。
(1)地方鉄道・公共交通に対する支援策について (2)地球温暖化問題について (3)香川県の魅力再発見について (4)本県における理系・技術系人材の育成について (5)読書習慣づくりについて
平成の30年間は巨大地震を含め自然災害に見舞われたものの、明治、大正、昭和に比べると比較的平穏な時代でした。しかし、少子高齢化、東京一極集中、財政課題等、課題を先送りした時代でもありました。今議会の一般質問では令和の時代を課題解決の年とすべく、政策提言を含めて質問させて戴きます。
ご意見・ご提言などご遠慮なくお申し付け下さい。

2020,07,07, Tuesday 「スマホの奴隷をやめたくて…」忍足みかん先生


本日、会派勉強会が開催されました。講師は『#スマホの奴隷をやめたくて』の著者、忍足(おしだり)みかん先生です。
スマホ依存症は世間が思っている以上に深刻な問題です。「たかがスマホやゲームでしょう?」「皆が依存しているし…よくない?」と思っている人も多いですが甘く見ているといずれ取り返しがつかない問題になっていまうかもしれません。
若年層におけるスマホ依存の問題で忍足みかん先生は、3つの重点を置いています。(1)目:視力の問題。(2)脳の問題。(3)性教育的な問題。(1)を例にとれば、子どもの視力は年々過去最低を更新している。2018年、文科省は「スマートフォンや携帯ゲーム機の使用によって近くで画面を見る時間が増えていることが影響している」と述べています。ある研究者は「2050年には世界の人口の半数に当たる約50億人が近視になり、そのうち約10億人には失明のリスクがある」と言っています。
あのiPhoneやiPadを作ったスティーブ・ジョブスは自分の子供にiPhoneやiPadを使わせなかったという有名な話がある。
忍足みかん先生がスマホをやめた理由は(1)視力が下がった。(2)歩きスマホをしていて車にひかれそうになった等だそうです。また、「学力」と「スマホの利用時間」の関係は明確に出ており、スマホ時間が長い生徒程、平均点(数学)は、写真の表のように芳しくありません。
若干26歳の忍足みかん先生による実りある会派勉強会でした。