活動


2020,10,31, Saturday 銀座の歩道整備


先日、所属する自由民主党香川県政会の一員として二階幹事長,平井デジタル大臣、武田総務大臣等への陳情活動に出席しました。
行く道中、バスの車窓から撮ったのが掲載の写真です。私は陳情等の仕事でよく東京に行きますが、東京都区内と高松市が根本的に違うのが歩道等の整備です。数年前も議員会館に行った折、前の歩道がアスファルト舗装となりました。おかしいな、と思っていると数か月後にはきれいなタイル舗装に変わっていました。もちろん、財政力の差もありますが、少子高齢化予測の中、将来負担のかからない歩道や公園整備も重要だと考えます。
昨年生まれた赤ちゃんは約86万6,000人で戦後のベビーブーム時代の1/3です。このような時代の到来にあって、初期投資は多少余計にかかっても長い目で見ればコストダウンになる施策の展開が今後重要です。
香川県議会議員として取り組まさせて戴きます。

2020,10,28, Wednesday 日本庭園再生プロジェクトin国土交通省


10月23日、国土交通省の都市局の担当官と面談させて戴きました。
面談目的は海外にある約500余とも言われている日本庭園の修復に、ふるさと香川の地場産品である石灯篭や庭石、松盆栽等を国土交通省が進めている海外の日本庭園の修復に採用戴くためです。
写真の灯篭のように、石灯篭が黄色に塗られていたり等、香川県産品の石灯篭が採用され建立され復元されますと、この日本庭園も古来の真の日本の伝統。文化・芸術の理解増に繋がり、引いては前回も報告させて戴きましたが、従軍慰安婦像等による間違った日本への理解の改善に繋がり、日本と世界各国との友好親善に繋がります。
香川県議会議員として、在外日本庭園の復元を通じて、誇れる日本の真の姿をを世界に理解戴けるよう、頑張らせて戴きます。

2020,10,25, Sunday 外務省へ陳情…


先日、外務省へ在外公館への日本庭園設置について陳情に参らせて戴きました。
茂木外務大臣の駒林秘書官に同行戴き、アジア大洋州局北東アジア第一課の井上首席事務官に考えを説明させて戴きました。
私は香川県議会議員となり、ローマ等の日本大使館を訪問させて戴きました。まず感じたのは広大な芝生広場があるものの日本庭園が無いことです。その様な中、今、従軍慰安婦像が海外で設置されていますが、アメリカで像と碑が最初に設置されたロサンゼルスの隣、東大阪市と姉妹都市締結しているグレンデール市のウイーバー市長が、関係を修復するには何がいいか、との質問に、「日本庭園の修復」と答えられました。もともとウイーバー市長は慰安婦像の設置には反対だったそうです。
この言葉に接し、日本の伝統文化・芸術を理解戴く為に、先ずは世界に多くある日本の在外公館に日本庭園を設置すべきと考え、この度、外務省に説明に参らせて戴きました。
私の考えを理解戴き、駒林外務大臣秘書官を紹介いただき、同行戴いた日本メディカルシステム株式会社の高木社長、杉山秘書には心より感謝させて戴きます。

2020,10,17, Saturday 二階幹事長・武田良太総務大臣に陳情…


10月15日・16日、新型コロナウイルス禍で伸びていた恒例の自由民主党香川県政会の会派陳情を行って来ました。
二階幹事長には高松空港が霧等で視界不良でも着陸できるキャット3や国土交通省の社会資本整備総合交付金等々、要望させて戴きました。
武田総務大臣は、「薄利でもいいから、永続的に仕事を続けれる環境整備に取り組んでほしい」「今は、株主に利益を還元するよりも、投資をしてほしい」とのお話と共に、香川県は、マイナンバーの登録率が全国37位で低いので、後5,000人の県民がマイナンバー登録してほしい、と、逆に依頼されました。
菅内閣が発足して約一カ月、国の流れが良くわかりました。

2020,10,12, Monday 外国人宿泊者数伸び率ー7年連続日本一、香川県…


10月6日の「今後の観光施策について」の私の一般質問に対し、知事から次の答弁と戴きました。
県では、これまで高松空港国際線の就航先をはじめ、滞在日数が長い欧米豪地域等を主なターゲットとして、インバウンド誘客活動を積極的に展開し、その結果、過去7年間の外国人延べ宿泊者数の増加率が全国第1位となるなど、、成果が見えてきた。
今後は、これまで以上に地域が有する魅力を掘り起こし、それを磨き上げた上で、デジタルマーケティングなどの手法を用いて効果的に情報発信を行うと共に、次回瀬戸芸や大阪万博等で来日される方々をターゲットとして本県の魅力を積極t的に発信していく、との答弁を戴きました。
高松東部エリア出身の議員として、高松市&東讃地域の地域の秘めたる宝に磨きをかけ、高松遠部エリアは基より、香川県のより一層の未来に向けた発展の為、全力投球させてb戴きます。
ご意見、ご提言など何なりとお申し付け下さい。