活動


2018,11,25, Sunday 「政治とはデザインなり」金子正則元知事と香川県庁 東館…


『「政治とはデザインなり」金子正則・独白録』に偶然接しました。この本は読み応えがあり、大変いい勉強になりました。丹下健三先生により設計された香川県庁東館は現在、耐震補強中ですが、この本に、香川県庁東館が何故、丹下健三先生の設計に至ったか、が書かれていました。
金子正則元知事は、「香川県の記念塔のようなもので、香川を思う祈りであり、願いであり、希望である建物にしないといけない」と思っていた。そこで、当時、某銀行丸亀支店の設計をしていた設計会社の方に、「県庁をやろうとしているんだが、デッサンが気に入ったら採用する」と言うと10枚ぐらい描いてきた。その後、猪熊弦一郎さんに相談すると、「金子さん、あなたのそういう、精神的なものを込めてやろうとする姿勢は尊い。まさにガバナーの発想です。それなら、安直に決めないで、技術者としていい設計家、あなたの意図を正しく受けてくれる、建築家に頼まないといけない」と言って、前川国男さんか丹下健三さん」の二人の名をあげた。
前川さんはお隣の岡山県庁の設計をしたので、香川に似たようなものが出来ても困るので、東京都庁等を設計した丹下健三先生にに県庁東館(香川県庁)の設計を依頼することになった。
金子正則元知事は、「建築は総合芸術だから、効率第一主義で、豆腐を切ったように真四角の味のないものでも困るし、一世紀まえのような過去の遺物の再現でも嫌だった」、「香川の記念塔は香川を思う祈りであり、願いであり、希望であらねばばらない」と言っています。
建築途中にも何かと議会で問題視され、議員たちの思惑がからんで事態は思わぬ展開を見せることもしばしばであった。噂では入札に競争負けしたある大手ゼネコンの社長が、わざわざ、大林組の落札した詳細見積を見に来たとのことだった。
後年、フランス大使館に行った人が、「日本の建築の代表として香川県庁舎が写真に載っていましたよ」と言ってくれた。この香川県庁舎は、専門家から大胆不敵を言わしめた記念すべき構造建築物で、坪井善勝先生が構造計算されました。是非、その構造を機会があればご見学下さい!!


2018,11,23, Friday 瀬戸内国際芸術祭2019 Setouchi Triennale2019…


昨日、北川フラム先生を講師に次回で第4回となる瀬戸内国際芸術祭2019の説明会が開催されました。
『海の復権 Restoration of the Sea』をメイン・テーマに開催予定です。香川県は日本一小さい県ですが島の数は112で全国18位(有人島24)です。また日本の海岸線の総延長は世界第6位です。また、瀬戸内海は日本の小袋で、そこは日本の全ての縮図と言っても過言ではないと思います。
「芸術」は日本の元気を引き出しますし、「食」は重要なポイントとなります。そこに○「より深く地域を掘り下げるために」○「より広く海を通して世界とつながるために」○「食を通して地域と深く関わるために」○「イベント・パフォーマンスを通して地域に多角的に関わるために」を基本コンセプトに第4回瀬戸内国際芸術祭は、☆春(ふれあう春)4月26日(金)〜5月26日(日) ☆夏(あつまる夏)7月19日(金)〜8月25日(日) ☆秋(ひろがる秋)9月28日(土)〜11月4日(月)開催されます。
過去、3回の開催で約130点の作品が県内に設置されています。回をかさねる毎に、ふるさと香川は「芸術」が溢れる素晴らしい県になっていくと思います。写真は小豆島に設置されたワン・ウエンチー(王文志:台湾)の作品です。

2018,11,14, Wednesday 『自治体戦略2040年構想と地方自治』in東京


昨日「第18回都道府県議会議員研究交流大会」が東京で開催されました。
私は平成23年に香川県議会議員に当選させて戴いて以来、毎年、出席しています。今回の基調講演は東京大学先端科学技術研究センターの牧原出教授で、基調講演のテーマは『自治体戦略2040構想と地方自治』でした。2040年は団塊ジュニア世代が65歳を迎える年で、高齢化の大きな山をどう乗り切るか。2040年、東京圏は若者を吸収すると同時に、医療・介護サービスの能力を超える多数の高齢者を抱える。一方、地方は人口減が深刻であり、空き家が点在するスポンジ状態となる。牧原先生は、2040年頃にかけて迫りくる日本の内政上の危機とその対応を考えるという観点から【1】若者を吸収しながら老いていく東京圏と、支え手を失う地方圏 【2】標準的な人生設計の消滅による雇用・教育の機能不全 【3】スポンジ化する東京圏と朽ち果てるインフラ という3つの危機を指摘されました。
また、第32回地方制度審議会も、「人口減少が深刻化し、高齢者人口がピークを迎える2040年頃から逆算し、顕在する諸課題に対応する観点から、圏域における地方公共団体の協力関係、公・共・私のベストミックス、その他の必要な地方行政体制の在り方について、調査を求める。」としています。
○行政マンが減ってくると、ゆっくりと考えることができるのは議員。○量的な下降を、質的に補う。○被災地においては、「尊厳」と言う概念が提案されている。どう地域の「尊厳」を考えていくか。○公・共・私のベストミックスは、価値により左右される。
2040年に向けて今後、県と市町村の垂直的連携、県と市町村のガバメント(支配・統治・政治)・ミックスが重要となるであろう。その為にも、バックキャスティング(未来のある時点、即ち2040年の状況を予測し、目標を設定し、そこから振り返って,逆算して、今すべきこと、現在すべきことを考える手法)による政策立案と実行が重要である、と学ばせて戴きました。
この学びを本県における議員としての政策提言に活かさせて戴きます。

2018,11,11, Sunday 大宰相・原敬:フランス革命&『自由の意味』

先日、農林水産大臣を勇退された齋藤健先生が退任時の会見で、「ゆっくり大宰相・原敬の本を読みたい」との言葉に接し、早速その本を購入し読み始めました。齋藤健先生が推奨されるだけあって、まだ1/4くらいしか読んでいませんが、いい学びになります。
1789年のフランス革命は、ブルボン王朝の圧政に苦しんでいた市民が、長期にわたる啓蒙思想の影響と、アメリカ合衆国の独立に刺激されて起こった。7月14日、パリのバスティーユ監獄の襲撃から革命は始まった。バスティーユ監獄には、国王や大貴族にとって都合の悪い人物を裁判をせずに投獄・幽閉していた。このパリからの反乱はフランス全土に広がり、8月4日には封建的身分制度と領主が廃止された。そして8月末に近代デモクラシーの一大記念碑と言える「人権宣言」が国民議会により可決された。人民宣言は前文と17条からなり、第1条で「人は生まれながらにして自由かつ平等の権利を有する」とうたい主権在民、法の前の平等、所有権の不可侵などを宣言している。
私が今までの所で最も勉強になったのは、『人権宣言の意義は深い。何故ならばそれは、人間の諸権利を宣言することを通じて、同時に、自発的に同意された規律、必要に際しての犠牲、道義の陶冶、一言でいえば人間の精神、といったものに訴えているからである。』、『自由は、放棄への誘いや無責任な権力への誘いでは断じてない。また自由は、勤労の努力という反対給付をともなわない無制約の安楽を約束するものでもない。逆に、自由は、勤勉,、不断の努力、厳格な自己抑制、有事に際しての犠牲、そして市民としてのまた私人としての徳、というものを前提としている。』
この言葉に接し、昨今、「自由」ということの本来の意味が履き違えられているのでは、と思いました。


2018,11,05, Monday 淡水魚水族館in高千穂


先日、高千穂へ行った時、淡水魚水族館へ行きました。
魚の種類は余り多くありませんでしたが、初めて見たウーパールーパーなど、淡水ならではの感動もありました。できれば、北海道のイトーやアマゾンの色とりどりの淡水魚を見ることができたら素晴らしいと思いました。
最近、日本では不振だった水族館や動物園が再生され、旭川動物園のように地域活性化のシンボルになっている施設があります。『可能性は無限』と言う言葉や『なせば成る 成らぬは人の成さぬなりけり』という有名な言葉が思い起こされます。