活動


2019,07,31, Wednesday 『敬天愛人』西郷隆盛in沖永良部島


西郷隆盛は1862年8月から1864年2月迄の約1年半、沖永良部島に幽閉されました。写真はその時の牢獄です。
この時、書を読み沈思黙考し、『敬天愛人』(西郷隆盛)という言葉を完成させました。それと同時に西郷南洲として『忠孝仁愛』という言葉を完成させました。その西郷隆盛は風雨にさらされる牢獄に幽閉されていましたが、写真の銅像のように極度に痩せ細って来たため、西郷を師と仰いでいた土持政照は、島津藩の命令書に「囲む」と言う言葉を見つけ、「囲む」とは屋敷牢と解釈できると代官を説得し、写真の牢獄を作ると共に、鎌田」宗円、天野忠正、町田順円、市来惟信、冲利経、操坦頸、冲絹賢等の弟子たちを牢外にすわらせて教えた。翁の高潔偉大な人格は、少年達に大きな感動を与え、後に成人して島の指導者となり「敬天仁愛」の精神を受け継いで、島の振興発展に大きく貢献しました。
この史実に接し、土持政照が屋敷牢を作り西郷隆盛を移したため、西郷隆盛は命が繋がり、明治維新時の活躍に繋がったと知りました。土持正照の偉業と共に、「教育」の重要さを改めて学ばせて戴きました。

2019,07,26, Friday モナコ公国大使in牟礼&庵治半島


先日、モナコ公国の大使が来県の為、庵治半島の篠尾港に到着され、牟礼の地へお越し戴きました。
モナコ公国は地中海に面した素晴らしい景観の地です。私は昭和47年の夏、モナコに行きましたが、カジノがある素晴らしい景観の地だったことのみ記憶に残っています。
是非、国王におかれても、モナコと同じく素晴らしい瀬戸の景観が堪能できる牟礼・庵治・屋島エリアに是非、ご訪問戴ければと思います。
21世紀は文化・芸術度の高いエリアがパワーのあるエリアと言われて早や18年が経ちました。今こそ、日本第2の巨大経済圏エリアである神戸・大阪に近い高松東部エリアを高齢化が進む日本の健康づくりと心身の癒しエリアの先進地となるよう、モナコ公国と同じく海の魅力・瀬戸の海の景観を活かし、地方創生のモデルエリアとなるべく最善を尽くす時と考えます。
写真は、モナコにある日本庭園、モナコの街並み&篠尾港での大使お迎えの写真です。

2019,07,22, Monday 「稼ぐ力をつける」:三宅伸吾候補当選!!


昨日の参議院議員選挙香川選挙区で自由民主党の三宅しんご候補が当選させて戴きました。
『稼ぐ力をつける』、家庭も企業も行政も財政の裏付けが重要です。その裏付けとなるのが「稼ぐ力」だと思います。ふるさと香川において「稼ぐ力」をつけるには、香川の企業が元気になるには「入込客増を図る」「企業誘致」「健康立県香川の実現」「教育立県かがわの実現」等が重要です。それと共に私はEBPM(エビデンス・ベイスド・ポリシー・メイキング)、すなわち科学的根拠を基礎とした政策立案とPDCA(プラン・ドウ・シー・アクション)計画の実行、その成果のチェックと再度の行動・実行が重要です。そのことによりより効率的な行政運営ができますし、このことは官も民も同様だと考えます。
三宅しんご先生の「稼ぐ力をつける」、私も県政において頑張らせて戴きます。

2019,07,19, Friday 『志在千里』:石橋信夫・大和ハウス(?)創業者の言葉


先日、大和ハウス(?)香川支店を訪問させて戴きました。玄関に写真の胸像が設置されています。
私は昭和48年から55年まで大和ハウス(?)神戸支店で勤務させて戴きました。住宅営業で、夜訪夜訪の連続で、相当鍛えられましたが、今となっては感謝させて戴いています。
「志は千里にあり」・『志在千里』は「志を大きく持って、日本のような狭い国から千里の彼方を目指して雄飛せよ」、「高い目標に向かって努力せよ」という意味ですが、私が在籍中によく聞き学ばせて戴いたのが『水五訓』です。
★自ら活動して他を動かしむるは 水なり ★常に己の進路を求めて止まざるは 水なり ★障害に逢いて激しく勢力を倍加するは 水なり ★自ら潔くして他の汚濁を洗い清濁合せ入るる量在るは 水なり ★洋々として太洋を充たし発しては蒸気となり雲となり雨となり雪と変じ霧と化して擬しては玲瓏たる鏡となり而かも其性を失はざるは 水なり

2019,07,18, Thursday 三宅しんご候補総決起大会in高松


昨日、党本部から甘利選挙対策本部長、浜田香川県知事、大西高松市長をお迎えして三宅しんご総決起大会が開催されました。
私は正しい情報に基ずく正直で公正な選挙が大切だと考えています。平成21年夏の総選挙で自由民主党は大敗しました。大勝利した民主党が掲げたマニフェストは◎子供手当を一人年31万2千円支給します。◎平成24年度に高速道路を無料化します。◎普天間基地の移設は少なくとも県外。◎16兆8千億の財源は幾らでも出てくる。等々でした。これを聞いたら有権者は民主党に投票するでしょう。結果は民主党は308議席を獲得し大勝でした。有権者が信じた年31万2千円の子ども手当、高速道路の無料化、普天間基地の県外移設等々、一つでモ実現してくれたでしょうか。ゼロ、皆無でした。このことについて、元民主党の国民民主党、立憲民主党は有権者に掲げたマニフェストが実現出来なかったことに対してお詫びしたでしょうか。ゼロ、皆無です。反省の言葉一つありません。『正直な政治が国民民主党や立憲民主党により危機に陥りつつあります』。
私は牟礼町長時代の経験から、「反対」する時は「対案」を出すべきと考えています。しかし今回の選挙、18歳迄児童手当を15.000円支給します等々、財源の説明することなく、選挙で票を獲得する目的のみで無責任なマニフェストを掲げている候補がいることは古里香川県民として残念で残念でなりません。
少子高齢化が進行しつつある中、「未来の子供たちに負担のかからない社会を継承する」、今を生きる私達の責務です。香川県議会議員として最善を尽くさせて戴きます。